一般ニュース

金足農業逆転サヨナラツーランスクイズで34年ぶり4強

8月18日(土)に行われた第100回全国高校野球選手権準々決勝第4戦において、秋田代表の金足農業が9回裏ノーアウト満塁からスクイズを決め、一気に二塁ランナーまで生還し、逆転サヨナラツーランスクイズで滋賀県代表の近江に2-3で勝利した。

 

金足農業がベスト4まで残ったのは34年ぶり。準決勝に勝利して決勝に進めば、秋田県勢としては第1回大会以来105年ぶりとなる。さらに決勝戦で勝利すれば優勝旗初の「白河越え」となり、東北勢初の全国高校野球選手権優勝となる。

Related posts

JSDF Deciding to not participate in international fleet review in South Korea

jun

大阪府警富田林署から逃走の男身柄確保か

jun

now posting

jun